ホーム > 長野県の魅力 > ゆとりある生活環境

Point 4 ゆとりある生活環境

広い住宅、高い持ち家率、短い通勤時間により、ゆとりのある生活を送ることができ、また、福祉やインフラも整っており、生活に安心感があります。

快適な住環境


  • 関東圏
  • 中京圏
  • 関東圏
  • 中京圏


長野県は持ち家率が高く、社員寮はそれほど必要とされませんが、民営住宅を社員寮とした場合でも、家賃単価が低いので、企業にかかる社員寮の負担コストが抑えられます。

  • 関東圏
  • 中京圏

平均通勤時間が38分となっており、余り通勤に時間を取られないため、余裕をもった通勤や仕事環境が整っております。
また、通勤時間が短いことで、通勤費の企業負担も抑えられるメリットもあります。

健康・長寿県


長野県は、「健康で長生き」とよく言われますが、平均寿命が高く、老人医療費が少ないことからも、健康長寿の県だとわかると思います。また、協会けんぽの健康保険料率が全国で一番低いことから、企業の保険料負担が抑えられる一面もあります。

良好な労働環境、高いIターン率

長野県は、周りを豊かな自然に囲まれ、広い住宅環境で短い通勤時間と、生活にゆとりがもてる環境があり、福祉やインフラも整っているので、生活に安心感があります。
この生活環境、仕事環境の良さが、多くの方に好評いただき、Iターン率が高い県となっています。

また、Iターンを希望される方に対して、Iターンを支援するIターン促進事業も行っており、高度技術産業を担う人材のIターン促進につながっています。

快適な生活環境

道路総延長
全国第4位

(国土交通省調べ / 平成20年度)

汚水処理人口普及率
全国第6位

(国土交通省、農林水産省、
環境省調べ / 平成21年度)

老人福祉センター数
全国第2位

(厚生労働省調べ / 平成21年度)

被生活保護率
全国第44位

被生活保護率が低い
(厚生労働省調べ / 平成21年度)

公民館数、博物館数
全国第1位

(人口10万人当たり)
(文部科学省調べ / 平成20年度)

ボランティア活動の年間行動率
全国第8位

(総務省調べ / 平成18年度)

国宝・重要文化財指定件数
全国第14位

(総務省調べ / 平成18年度)

映画館数
全国第11位

(統計で見る都道府県のすがた2010)

▲このページの先頭へ