ホーム > 長野県の魅力 > 産学官連携によるビジネス支援

Point 8 産学官連携によるビジネス支援

全国に誇る「ものづくり基盤技術」と特色ある「地域資源」を活かし、更なるニーズの開拓のため、各種の支援機関が企業活動を強力にサポートします。

長野県の産学官連携支援

長野県では、「“スグレモノ”プロジェクト -世界をリードする「信頼性」のある技術力の確立を目指して-」として、「信州グリーン&ライフ・イノベーション」を展開し、産学官連携やの推進や研究所・研究開発型企業の誘致などに積極的に取り組んでいます。

環境関連

今後の社会的ニーズが高まる環境関連分野においても、産学官連携の推進や研究開発の協力に積極的に取り組んでいます。
清涼な空気や澄んだ水などの豊かな自然と、トップレベルの「ものづくり基盤技術」を有する長野県だからこそのアプローチは水質浄化触媒装置など環境関連分野においても大きな実績を生んでいます。

医療機器関連

国内市場はもちろん、世界規模での市場がみこめるメディカル分野では研究開発、事業化の場の提供、メディカル領域の効果を検証する協働の場の提供など、信州大学、県経営者協会、長野県が各方面から事業化プロジェクトを立ち上げ、積極的に取り組んでいます。

航空・宇宙関連

産学官連携等により培われたメイド・イン・NAGANOによる県内企業の高い技術力や製品群について、世界的規模でマーケットがみこまれる分野のひとつが航空宇宙関連です。超精密・高機能のデバイスを複数組み合わせて構成された、独創的で競争力がある付加価値の高い機能部品(スーパーモジュール)の供給を目指すなど、航空宇宙関連のおいても産学官連携のサポートを実施していきます。

産学官連携プロジェクト

長野県は、平成21年6月に国から産学官連携によるイノベーションを重点的に推進する地域として「地域中核産学官連携拠点」に選定されました。県内大学のカーボンナノチューブなどの素材技術シーズと長野県産業の高度な加工技術力を互いに併せ、持続的なイノベーションの創出を図っています。
また、具体的な共同研究事業として、ナノテクノロジーやライフサイエンスに関する「知的クラスター創成事業」(文部科学省)、「信州メディカルシーズ育成拠点」((独)科学技術振興機構)などの幾多の研究プロジェクトを推進しています。

地域中核産学官連携拠点(全国10地域)

スーパーモジュールの開発を促進

信州メディカルシーズ育成拠点

医療・健康分野の共同研究拠点を信州大学に整備

産学官連携拠点発展型シーズ育成支援事業

県テクノ財団と連携し、新技術開発に要する経費を助成

テーマ別共同研究の実施

環境、健康などの成長分野で産学官共同研究を立ち上げ

知的クラスター創成事業第II期

地域イノベーションクラスタープログラム(グローバル型(II期))
ナノテクノロジー・材料の活用による製品開発を促進

地域卓越研究者戦略的結集プログラム

世界トップレベルの研究者を長野に集め、新しいナノカーボン創成と応用を集中的に研究

科学技術産業振興指針

異分野の融合化【技術を創出

1.研究所・研究開発型企業の誘致

信州ものづくり産業応援助成金による優遇措置

研究所助成要件(投資5億円・雇用10人以上→3億円・5人以上)
助成率(5%以内→15%以内)
助成限度額(5億円以内→6億円以内)
研究開発型企業助成率の加算点(3%)

 → 詳しくは『優遇制度』をご覧ください

2.技術開発支援

工業技術総合センター機器整備拡充事業
最新鋭の測定機器などにより、高度な技術開発を支援

 → ビジネス支援『技術のサポート』

3.人材育成支援

環境、健康などの成長分野における各種研究会や
セミナーを開催

研究所誘致に伴う人材の高度化

4.新たな市場開拓を支援

アジア圏市場展開戦略ビルドアップ支援事業
県内企業の技術・製品をPRし、アジア市場の開拓を支援

上海、香港に駐在員を配置し、県内企業の海外事業展開を支援

▲このページの先頭へ