ホーム > 長野県の魅力 > 豊かな水資源

Point 6 豊かな水資源

20年間渇水したことがなく、豊富な雪解け水や8つの一級水系の源流域であるため、多くの水資源に恵まれており、水の安定供給が可能です。また、豊富な水資源だけでなく、水質も良く、名水も多数存在します。

安定供給の事実
最近20 ヶ年での渇水発生状況


長野の豊富な水資源を生み出す
8つの一級水系の源流域

多くの源流域を持つ長野県だからこそ、水の安定供給が可能となります。



食品分野でも注目を集めている
水がきれいな長野県

名水百選
(昭和60年、環境庁)
3箇所
  • 猿庫の泉(飯田市)
  • 安曇野わさび田湧水(安曇野市)
  • 姫川源流湧水(北安曇郡白馬村)
平成の名水百選
(平成20年、環境省)
4箇所
  • まつもと城下町湧水群(松本市)
  • 観音霊水(飯田市)
  • 木曽川源流の里
    水木沢(木曽郡木祖村)
  • 龍興寺清水(木島平村)
信州の名水・秘水
(平成22年、長野県)
15箇所
  • 千曲川源流(南佐久郡川上村)
  • 超百の水(上伊那郡飯島町)
  • 豊丘穴水(須坂市)
  • 平出の泉(塩尻市)

他11箇所


地下水の豊富な団地

東洋紡績(株)
大町工場跡地
10,000m3/日
下平工業団地
4,000m3/日以上可能
東栄工業団地
1,000m3/日

立地企業に聞く

内堀醸造

岐阜県の木曽川ほとりに本社を構えている内堀醸造は創業明治9年の老舗造酢会社です。
高付加価値の酢造りをさらに発展させるために新工場を求めていた2000年初頭、飯島町の久根平工業団地に出会いました。
造酢になんといっても大切なのが水と空気。中央アルプスと南アルプスに囲まれた自然環境と清冽な空気、地下150mから汲み上げているやわらかな口当たりの軟水。どれもプレミアムな酢造りに大きく役立つものでした。「流通コストなどを考えたら

都心や港の近くですが、造酢メーカーとしてコストより品質追求だという会社理念に合致する地でした」と杉江工場長。
信州大学農学部、飯島町農家の方々と共同開発をすすめた飯島町産とうがらしビネガーなど産学連携プロジェクトも始動しています。

アルプス工場
長野県上伊那郡飯島町田切160番355

http://uchibori.com/index.html

▲このページの先頭へ