ホーム > 地域未来投資促進法 > 地域未来投資促進法

地域未来投資促進法

地域未来投資促進法について

地域未来投資促進法(地域経済牽引事業の促進による 地域の成長発展の基盤強化に関する法律)は、地域の特性を活用した事業の生み出す経済的波及効果に着目し、これを最大化しようとする地域の取組を支援するもので、平成29年7月31日に施行されました。地域で策定した基本計画が国の同意を受け、基本計画に基づき事業者が行う計画が県の承認を受けると、設備投資・人材に関する支援措置や規制の特例措置が受けられるようになります。

<新たな成長分野の例>

  1. 成長ものづくり分野(医療機器、航空機部品、新素材等)
  2. 農林水産、地域商社
  3. 第4次産業革命(IoT、AI、ビッグデータ活用)
  4. 観光・スポーツ・文化・まちづくり関連
  5. 環境・エネルギー分野
  6. ヘルスケア・教育サービス

(下部ページのリンク)

※旧 企業立地促進法(企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律)に関する手続きについては、承認を受けた地域振興局までお問い合わせください。

▲このページの先頭へ