ホーム > 地域未来投資促進法 > 地域未来投資促進法の仕組み

地域未来投資促進法の仕組み


基本計画に定める事項(計画期間 原則5年)
  1. 対象区域
  2. 経済的効果に関する目標
  3. 地域経済牽引事業の設定
  4. 重点促進区域
  5. 自然的、経済的又は社会的地域特性
  6. 制度整備、事業環境整備
  7. 支援機関が行う支援
  8. 環境等その他配慮すべき事項
  9. 土地利用調整に関する事項
  10. 計画期間

支援措置

税制支援
・課税の特例(地域未来投資促進税制)、地方税を課税免除又は不均一課税に対する減収補てん

特許・地域団体商標に関する支援
・特許料、登録料等の減免、地域団体商法の要件緩和

各種支援措置
・工場立地法の特例、農地転用許可・市街化調整区域の開発許可等に係る配慮、中小企業者及び食品製造業者等に対する特例

▲このページの先頭へ